HOME > For Guests


北海道の冬は昼までも氷点下、夜はー10℃を越え、昼夜の寒暖差が10℃以上にもなります。
「犬ぞり」を操縦するマッシャーは、犬を手助けするためのペダリング、ランニング、ブレーキングでの体重移動など、意外と運動量があります。「そり犬達」と夢中で「犬ぞり」を楽しんでいると、気づかないうちに汗をかきます。
気温差に配慮した服装選びと、着脱のしやすい重ね着の防寒対策が大切です。

以下のような防寒着、防寒靴、アクセサリー類をご用意しております。
ご利用の方は、事前にサイズと必要なものをお伝え下さい。

防寒ジャケット・パンツ

無料レンタル有

goods01.png女性用S〜男性用L(アメリカサイズ)の防寒ジャケットとオーバーパンツを準備しています。
もちろん、愛用のご自分のウェアでの参加もOKです。
小さなお子様用サイズのウェアはサイズが限られますが、若干ご用意しております。事前にお問い合わせ下さい。


防寒靴

無料レンタル有

goods02.pngサイズは22〜29cmまで。
小さなお子様用サイズの防寒靴はご用意しておりませんので、お客様でご準備頂けますよう、よろしくお願い致します。


アクセサリー類

一部無料レンタル有

goods04.pngスキー用防寒グローブ・ゴーグル・防寒帽子・フェイスマスク兼用ネッグゲイター(襟巻き)の無料レンタルもご用意しております。
ご希望の方は、予約の際にお申し付け下さい。


LinkIconLinkIconLinkIconLinkIconLinkIcon

レンタル品の取扱いについて
現在、ツアー参加のお客様にご利用頂いておりますレンタル品は、協賛頂いております各社のご協力もあり、無料でご利用頂いております。しかし、最近のご利用におきまして、レンタル品の損傷等傷み、汚れが著しいものが多く見受けられる傾向にあります。
取り扱いの不備など万一、レンタル品に破損があった場合、お客様にも修理代等、一部費用をご負担頂きますことをご理解の上、丁寧なご使用をお願い申し上げます。
無料で提供を続ける上でもお客様のご協力が不可欠です。何卒、よろしくお願い申し上げます。

犬ぞりアドベンチャー・ウィンターサファリにご参加の皆様に、ご用意頂きたいものをご説明します。
犬ぞりでは、そり犬たちとのスキンシップも重要な要素となるため、時に犬との濃厚な接触が必要になることもあります。
そのため、衣服にニオイがつくこともありますので、お気に入りの一着ではなく、
汚れてもよい服装を優先してご持参下さい。
不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

肌着

UnderWear

汗をかいても通気性がよく、乾き易いもの。(綿100%の下着は、汗をかいた後乾きにくく、身体を冷やしてしまうことがありますのでおすすめできません。)
犬ぞりの操縦は全身を使って汗をかきますので、替えの肌着をご準備下さい。

靴下

Socks

足首のかくれる通常のスポーツソックス。
(化繊の薄手+ウールやフリース、化繊の厚手の2枚重ね/シルクの5本指があればおすすめです。)
貸さね履きをして、足を締め付けたうっ血状態でブーツを履くと、すぐに指先から冷たくなってしまいますので、ご注意下さい。替えの靴下をご準備いただくと安心です。

手袋

Gloves

ウールの手袋(シルクの5本指があればおすすめです)
手袋は無料レンタルでご用意していますが、レンタルの手袋の中にはめたり、犬ぞりの操縦以外でも防寒対策に必要であれば、ご準備下さい。

防寒ジャンパーの中にきる服上下

UnderWear

一部無料レンタル有

肌着の上は、長袖の動き易い服を重ね着するとよいでしょう。
・長袖、長ズボンのアンダーウェア上下(化学繊維かシルク、ウール等)
・長袖、長ズボンのフリース(化繊かウール)
暑ければ脱いで調整出来るようにしましょう。
大人用サイズのフリースジャケットのレンタルがございます。お問い合わせ下さい。

大人と同じ内容の参加を前提としておりますので、体力的なことをふまえ、小学4年生からの参加とさせていただいております。
ただし、あくまで目安としておりますので、大型犬を飼っている等、また体力的に問題がなければその限りではございません。
小学1年生でも、ガイドが同乗するという条件でご参加頂けます。
参加費は、上記のないようから子ども料金の設定はございません。

IMG_2198.JPG







LinkIcon