アウトライダー自慢のそり犬たち

犬ぞりツアー

ご予約・お申し込み


トップページ > アウトライダートップページ > そり犬達の紹介

自慢のそり犬達 Sled dogs

自慢のそり犬達「そり犬」というと、どんな犬を想像するでしょうか?
「そり犬」には、マラミュート、サモエド、シベリアン・ハスキーなどの北方犬種として認められた純血種の犬達も多くいます。
我がアウトライダーの「そり犬」は、ほとんどが、「アラスカン・ハスキー」と呼ばれる混血種です。

「アラスカン・ハスキー」ってどんな犬?
アラスカン・ハスキーは、「そり犬」として繁殖さる雑種犬です。
極寒地に適した被毛・ダブルコート、丈夫な足腰、高カロリーを消化できる体、雪の上での短時間の仮眠で回復できる強靱さを持ち合わせた犬達です。

姿形や毛色などは問わず、作業能力を最優先に考え、日々改良が加えられているのも特徴です。
速さを求めると、サルーキ、ハウンドと交配させる。頭が良いリーダーを求めると、ボーダーコリーを交配させる。
犬は人間が深く関わった生きものです。
「犬ぞり」には、その魅力を存分に体感できる世界があります。
使役犬(しえきけん)という人間のために働く犬と、ひとつの目的を持って仲間となる。犬と人が対等の関係を築く。
犬好きでなくても、面白いと思える世界ではないでしょうか。

page top

そり犬紹介 Sled dogs

アウトライダー そり犬たち一覧はこちら

page top

そり犬の訓練 Training

訓練は、雪のない10月から始まります。
目安は気温が1桁になることです。
北海道 遠軽町 白滝は、10月になると、氷点下になる日が始まります。
冬の間ずっと氷点下なので、気温の話をする時にわざわざマイナスを付けたりしません。さすが北海道です。

雪が降り積もるまでは、「そり」が使えないので、4輪のバギーを使います。
重しを積んだ200kgぐらいのバギーを、ゆっくり、ゆっくり引かせる、ウェートトレーニングを兼ねた訓練です。距離はわずか2kmほど。
雪が降り積もるまで、距離を走らせず、筋力アップを目指します。
雪が降り積もり、氷点下の気温の日が続く日が来るまで「そり」はお預けです。
この、「そりで疾走できない飢餓感」が非常に大事なのです。

皆様が「犬ぞりピクニック本格体験」や「犬ぞりキャンプ」に来るころには、毎日1日30~50km普通に「そり」を引いて走っていますが、それにはこんな地道な訓練があるのです。

page top

予約・お申し込み・お問合せはこちら

page top


スタッフBLOG