1DAYアドベンチャー 犬ぞり日帰り本格体験。大自然の中で楽しむランチも格別です。

犬ぞりツアー

ご予約・お申し込み


トップページ > アウトライダートップページ > 犬そり 1DAYアドベンチャー

犬ぞり1DAYアドベンチャー

犬ぞり1DAYアドベンチャー 犬ぞり本格ツアー Dogsled 1day Adventure

「犬ぞり」で、オホーツクエリアである遠軽町 天狗平 白滝高原を駆け抜けます。
「そり犬」の扱い方や操縦法の練習をして、2~4頭引きの犬ぞりをご自身で操縦します。
ひとり1台の「そり」をご用意しています。(定員7名)
往復20kmの犬ぞりツアーには、お楽しみのランチタイムも含まれています。
地場の食材を生かした特製ランチを、ゲル(手作りの移動式住居)で暖かい薪ストーブにあたりながらいただきます。歴史ある古い木造校舎でノスタルジック溢れるひと時をお過ごしください。
1日たっぷり、そり犬とすごして、時間が許せば、スキーシューまで楽しめるオススメなコースです。
初めての雪国でも安心。防寒と雪の装備も完備していますので普段着でおこしください。

開催場所 北海道紋別郡遠軽町 天狗平・白滝高原
時間 10:00-16:00
※前日18時までに要予約
※遠方からのご参加の皆様は、前日までに遠軽町白滝近郊へおこし下さい。
詳しくはこちら→
※天候及び不測の状況等に合わせて、タイムスケジュールには余裕をもっています。
参加条件 小学生4年生~ お子様の参加について詳しくはこちら
催行人数 2~7名
設定日 スケジュールカレンダーをご覧ください。
料金 19,980円
※18,500円(5%税込)でしたが、19,980円(8%税込)に料金改定させていただきますこと、何卒ご理解の上、よろしくお願い申し上げます。
※子供料金の設定はありません。
※防寒用のブーツ・ウエア・小物類は無料でお使いいただけるものをご用意しております。

page top

遠方よりご参加の皆様へ

プログラム開始時間は午前10時ですので、
遠方からのご参加の皆様は、前日までに遠軽町白滝近郊へおこし下さい。

※近隣のご宿泊情報 →リンクページへ

旭川から日帰りでご参加いただけます。

行き JR旭川駅 特急オホーツク1号 旭川 09:01発 乗車
JR白滝駅10:20着
JR白滝駅より、弊社無料送迎車にてスタート地点へ移動。
帰り プログラム終了後、 弊社無料送迎車で白滝停留所へ移動。
高速バス白滝停留所 特急北大雪号 17:12発 乗車
JR旭川駅18:50着

札幌から日帰りでご参加いただけます。

行き JR札幌駅 特急オホーツク1号 札幌 07:21発 乗車
JR白滝駅10:20着
JR白滝駅より、弊社無料送迎車にてスタート地点へ移動。
帰り プログラム終了後、 弊社無料送迎車で白滝停留所へ移動。
高速バス 高速えんがる号 白滝停留所 17:12発 乗車
JR札幌駅 21:00着

JR白滝駅無料送迎

ワンディアドベンチャーのお客様へのサービスとしまして、JR白滝駅及び白滝バスターミナルへの無料送迎を実施いたします。

※可能な限り、列車、バスの発着予定時刻に間に合うように致しますが、気象条件や不測の事態等により、確約致し兼ねます。ご了承の上ご利用下さい。

※駅前のハイヤーもご利用下さい。【白滝ハイヤー 0158-48-2028】

各種交通機関を利用したアクセス方法はこちら 札幌・旭川・網走・北見・遠軽・紋別

お問合せはこちらJR白滝駅無料送迎希望、日帰りをご希望される方は、
どうぞお気軽にご相談ください。

page top

犬ぞり1DAYアドベンチャーツアー内容

Step1 犬ぞりの基本練習・レクチャー・犬ぞりの準備・コースの説明

犬ぞりの基本練習ツアー出発前に、「犬ぞり」についてのレクチャーを受けます。

「そり」の仕組みや各部位の取り扱い、本番での体重移動の仕方などの説明を受け、実際に「そり」を使ってシュミレーションします。
スタート・ストップの手順・かけ声のかけ方など、本番と同じように事前に練習をしますので安心です。

「そり犬」の扱い方・ハーネスの着脱方法なども練習します。
およそ20~25kgの「そり犬達」に、自分でハーネスを付けたり、「そり」まで移動させて固定したりなど、「そり犬達」とは準備の段階から自分の仲間として責任を持って接していただきます。
そうすることで、犬との信頼感も自然と生まれるでしょう。
たっぷりコースを走り終わった後は、「そり犬達」と仲間のように思わず抱き合ったりしてしまうはずです。

犬との初対面時のアドバイス犬との初対面の時のアドバイス

アウトライダーの「そり犬」達は、とてもフレンドリーです。
歓迎の吠え声も、「早く俺の所に来て匂いを嗅がせろ!さわってくれ!」のリクエストだと思ってください。「そり犬」達はとっても個性的です。
声をかけながら犬の目線になって近づいてください。自分もしっぽがあってそれを振っているつもりになるのがコツです。

チームとの初対面時のアドバイスチームとの初対面の時のアドバイス

それぞれのメンバーの個性を確認して、まずリーダーに敬意を示します。
常にリーダーへの敬意を忘れず、マッシャーとしての任務にあたることを約束します。
「しっかり思うこと。」これが大事です。
気持ちが入っていないとすぐに見抜かれます。犬達は、私たちをとてもよく見ています。
声をかけながら犬の目線になって近づいてください。自分もしっぽがあってそれを振っているつもりになるのがコツです。

page top

Step2 まずは腹ごしらえ

大自然の中で美味しいランチ

到着後、ご自分のチームの犬たちを休憩させて、自由時間の後、ランチタイムです。
ランチのメニューは、オホーツクの地物食材を使った手料理。えぞ鹿肉を使った料理や、手作りパンをお楽しみに!
ゲスト参加型の料理教室気分で、楽しくランチタイム!

※ランチタイムを過ごすのは、遊牧民が住居に使う快適な「テント・ゲル」です。薪ストーブを焚いて、ポッカポカにあたたまりましょう。
※コンディションがよければ、スキーシューで「ワイルドヘヴン」の近くを散策にでかけましょう。
※天候など状況次第で若干コースを変更する場合がありますのでご了承下さい。

スキーシューを楽しむ場所はどんな場所?何が見れる?

雪の季節に森にはいると、動物たちの痕跡を身近に感じられます。
アニマルトラッキングとよばれる、雪についた足跡から、移動している動物の種類を見分けたりします。
その他、「糞」・「ペリット(未消化のはき出したもの)」・「毛塊」や、木に付いた傷跡から推測される「爪あと」・「角擦り」など、さまざまなサインがあります。

私たちは、森の生きものたちの生活の場を訪ねる客人です。
動物達が森に残したいろいろなサインから、動物達と共生する感覚を感じてみるのは楽しいものです。
エゾシカ・エゾリス・エゾシマリス・エゾクロテン・エゾユキウサギ・トガリネズミなどなど、さまざまな動物が生活する森です。

page top

犬ぞりの旅大自然へ

3~4頭引きの「犬ぞり」を自ら操縦し、冬の大自然をたっぷり堪能してください。
雪原林間コースをたっぷり堪能して下さい。

スタート時はどんな感じ?注意・アドバイスなどスタート時はどんな感じ?注意・アドバイスなど

スタートは、大変犬達が興奮します。
その興奮が自分にも移って、全体のテンションがあがります。
これが犬ぞりで複数のチームが出発するときの魅力です。
練習したことを忘れずに、自分がまとめ役なのをしっかりと意識してスタートします。
平坦な真っ直ぐなコースを1kmぐらい走りますので、テクニックは必要ありません。
犬のスピードも、スタート直後は時速30km前後となりますが、しばらく走れば、安定走行の落ち着いたスピードになりますから、ご安心ください。

page top

ぞり犬の仲間達とゴールを目指してラストラン!ぞり犬の仲間達とゴールを目指してラストラン!

ゴールの「ケネル」目指して犬ぞりを走らせます。
余裕が感じられなかった往路のコースに比べ、帰路は慣れて周囲の景色も楽しめるでしょう。

時速10~15kmの自転車ぐらいの感覚で、操縦してみてください。
犬達にも声かけ、ラストランを仲間と一緒に楽しみましょう。

犬の吐息と「そり」のきしむ音。
犬ぞりは、動物たちを驚かせない静かな静かな乗りもの。
動力は、犬達の力だけ。
そんな自然な魅力を肌で感じてください 。

page top

北海道ならでは、北の風物詩「犬ぞり」。

北海道ならでは、北の風物詩「犬ぞり」犬と人との共同作業でうまれた信頼感は、なにものにも代えがたいものです。
旅の仲間、また友として、チームの「そり犬達」の名前が、あなたの記憶にしっかりと刻み込まれることでしょう。
あなたも「犬ぞり」の世界から、はなれられなくなること間違いありません。

アウトライダー 村林

page top

犬ぞりツアー紹介動画 movies

準備中
準備中

※この動画は、2009 OUTRIDER PVの一部です。

予約・お申し込み・お問合せはこちら

犬ぞりツアーに参加される皆様へ参加準備や防寒対策について

page top


スタッフBLOG